NAS(Network Attached Storage)とは

NASはどんなサービス?写真の保存に便利なNASを解説

NASはネットワーク上に接続可能なHDD(ハードディスクドライブ)のことです。通称「ネットワークHDD」とも呼ばれます。本体を無線LANルーター等に接続することで、Wi-Fiで様々な端末からデータをNASに保存できるようになります。通常のHDDはUSBケーブルで接続したパソコンやテレビ等のデバイスしか使えませんが、NASは無線を介して複数の端末で扱える点が魅力です。また、ネットワークを使ってNASへデータ保存できるので、撮影した写真データの保存にも適しています。例えば、外出先でタブレットを使って撮影した動画を保存したり、スマホで撮影した動画を自宅のNASに保存したりできます。HDDとその接続ケーブルを持ち歩かなくて良いので写真保存が非常に簡単です。

NASとクラウド保存との違い

NASと似ているサービスとしてクラウドがあります。NASもクラウドも、写真データはネットワークを介して保存できます。しかし、NASは本体を購入すれば後はランニングコストなしで使えるのに対し、クラウドサービスは利用料がかかってきたりします。クラウドサービスも簡単に写真を保存出来ますが、月額や年額いくらという具合に使用量が発生しますので注意が必要です。一方、NASは初期投資がかかるものの、一度購入すれば後は電気代や通信費がかかるだけで、クラウドサービスのようなサービス自体の使用料は発生しません。また、クラウドサービスはデータを外部のストレージに保存しますのでセキュリティの面でNASより劣る部分もあります。大切な写真データを極力誰にも見られたくない、自分の手元で保管したいという方はNASが便利です。