クラウドストレージとは

写真データを保管しておく場所のこと

クラウドでは、サービス側に写真データを送って、保管してもらことになります。そして、サービス側は、クラウド用の保管サーバーを用意しています。そのサーバーの中にある、写真データを保管するための場所がオンラインストレージです。また、クラウドサービスにデータを預けたり、共有したりすること自体を、クラウドストレージと呼ぶこともあります。クラウドストレージは、無料で利用できるものもあれば、月額料金を支払って利用を継続するものもあります。いずれの場合も、容量に上限が設けられていて、その上限までの写真データを預けることが可能です。そして、支払う料金を追加することで、上限を引き上げ、より多くの写真を預けられるようになるサービスが多いです。

手軽に写真を出し入れできる

クラウドストレージを利用するためには、あらかじめアカウントを作成しておきます。そして、そのアカウントとインターネットに接続できる環境さえあれば、場所を選ばず利用できるのが特徴です。自宅で保管した写真を、外出先で引き出して確認したり、離れた場所にいる人たちが、同じクラウドストレージにそれぞれ写真を保管したりすることが可能です。対応している端末も、パソコンやスマートフォンなど幅広く、インターネットに接続さえしていれば利用できます。また、写真が無くなってしまうリスクが低いという特徴もあります。クラウドストレージそのものに問題が発生する、サービス利用の契約更新を忘れるというようなトラブルがない限り、写真データは残ります。