クラウドストレージサービスに写真を保存するデメリット

インターネットが使えないと利用できない

手軽に写真を保存することができるクラウドサービス。パソコンやスマホの容量を圧迫することがなく、自動的にバックアップも取ってくれるので非常に便利で、多くの人が利用しています。ただし、こうしたクラウドストレージサービスにはデメリットもあるので、把握した上で利用するようにしましょう。まず注意したいのが、インターネット環境がないと利用できないという点です。日常にインターネットがあることが当たり前の昨今、見落としがちなデメリットなのでよく理解しておきましょう。ネットが繋がっていないと、写真の閲覧はもちろん、アップロードやダウンロードもできません。いざ必要になったとき使えない、ということがないよう、大切な写真はローカル保存するなどして対策しましょう。

サービスが終了してしまう可能性も

セキュリティリスクがゼロではない点も理解しておきましょう。大手であれば対策は十分行われているでしょうが、ユーザー側がパスワードを漏らしてしまうと意味がありません。その結果大切な写真が見られたくない人に見られたり、個人情報の流出、悪用に繋がる可能性もあります。また、クラウドストレージサービスは企業が提供しているものなので、ある日突然サービスが終了になってしまうリスクがあります。何の前触れもなく突然消えてしまう可能性は低いでしょうが、サービス終了となると、終了日までに別のクラウドサービスに写真を写すなどの手間が生じることになります。ずっと使える保証はない、という点はしっかり頭に入れておきましょう。