NASに写真を保存するメリット

大容量でHDDの増設も可能

NASは、内蔵されているHDDに写真データを保存するという構造です。そのため、外付けHDDと同様に大容量なのが特徴で、大量の写真を保存することができます。1TB以上のHDDを備え付ければ、高画質の写真を10万枚以上保存することも不可能ではありません。そして、HDDを入れるベイが複数用意されているNASが多く、必要に応じたHDDの増設が可能です。万が一手元にあるHDDの容量がいっぱいになったとしても、空いているベイがあれば、HDDを新しく購入して取り付けることで容量は増やせます。また、備え付けてあるHDDが全ていっぱいになった場合は、HDDの交換という方法が使えます。頻繁に見ることのない写真だけを入れたHDDを取り外して、新しいHDDに交換すると良いでしょう。

異なる端末で共有できる

NASは、無線LANを経由して写真を保存する形です。そして、複数の端末に対応しているのが特徴です。一般的な外付けHDDだと、USBコネクタがなければ対応は不可能です。そのため、スマートフォンやタブレットに入っている写真を保存するためには、パソコンを経由しなければなりません。けれど、NASの場合は、インターネットに接続さえできれば問題ありません。したがって、USBコネクタがないスマートフォンやタブレットが相手でも、直接写真のやり取りができます。また、ケーブルではなくインターネット接続なので、場所を限定されず、離れたところからでもアクセス可能です。さらに、外付けなど他のタイプのHDDでは実現できない、同時接続に対応しているのもメリットです。